おすすめの白髪染めランキング

年代や悩み(部分白髪や根元・生え際)別に自宅で簡単に染められる白髪染めを比較しています。 
(最終更新: 2015-09-29

自宅で簡単!おすすめの白髪染めランキング【年代・悩みで比較】 > 部分白髪用白髪染めおすすめランキング【自宅で簡単!部分染め】

部分白髪のための白髪染め、選ぶポイントとは?

a0001_012470.jpg部分白髪の白髪染めとして選ぶポイントとしては何回かに分けて使える白髪染めを選ぶこと、そしてムラなく染まること。女性の場合は明るい色なら明るい色に染められる白髪染めを使う必要があります。また、今の髪にしっかり馴染むこともポイントです。

部分白髪で気になる部分は、主にこめかみ、分け目、生え際、頭頂部あたりです。隠しきれないほどに目立つ場合は白髪染めするべきです。ピンポイントに染めるのに適したものはチューブタイプで直接塗りつけられるものが良いでしょう。また、手についても安心なものを選ぶと染めやすいです。部分染めは意外と面倒なので気軽に染められるものを選ぶと良いですね。
これらの点、部分白髪のための白髪染めを選ぶと良いです。まとめると、選ぶポイントは以下の通りです。

● 自宅で簡単に染められる
・・・面倒だと染めること自体がおっくうになってしまうので手軽に扱えるものを選ぶ
● 何回かに分けて使える
・・・1回限りのものを利用してしまうと染まり方を確かめられないので染料を何度も使えることで経済的でリーズナブルです
● 自然にムラなく染められる
・・・ムラがあると染めた色と今の色とで目立ってしまうので染めようとした部分全体ムラなくしっかり染められる白髪染めを選ぶ
● 染まり方を確かめられる
・・・染まり過ぎると問題なので少しずつ自分の満足いく染まり方をする白髪染めを選ぶことが大切です

部分白髪におすすすめの白髪染めは?

これらの部分白髪染めのポイントを解決するおすすめの白髪染めは 利尻ヘアカラートリート があげられます。お風呂で染められて自宅で手軽にという白髪染めが良いでしょう。お風呂でシャンプー後に手で染料を塗り、染められるものがおすすめ。その中でも一番のおすすめは利尻ヘアカラーです。 利尻ヘアカラートリート です。どちらも男女兼用で年齢は関係なく使えます。
kochira.gif 利尻ヘアカラートリート
解説はこちら利尻ヘアカラートリートメント

部分白髪の染め方のポイント

部分白髪の染め方のポイントを簡単に解説します。

  1. 1回目、初めて染める方は容量を守って忠実に染めてみてください。他の髪の毛についてしまっても問題ありませんのでしっかりカバーして染めてみましょう。1回目の翌日にどの程度染まっているのか確認します。
  2. 2回目は翌日に再度染めてみます。少し染まったかな?という方は次は1回目の半分程度の分量で染めてみましょう
  3. 3回目以降になるとそこそこ染まってきていると思いますので容量を調整しながら2日に1回とか1日置きくらいに染めてみます。
  4. なかなか染まらない方は放置時間を長めにしてみます。

何度か容量・分量を調整しながら1週間程度で染まり方を確認します。これでだいたいは染まり具合が分かるので今後、白髪が目立ったときにでも感覚はつかめると思います。注意として、1回染めると染まりやすいので最初は試しながらという感じで染めると良いと思います。

部分染めに適した白髪染めランキング

ちょっとだけ生えてきた白髪、こめかみ・分け目・生え際・頭頂部などの部分白髪に適した白髪染めをランキングにしました。

順位 #1 #2 #3
商品名  利尻ヘアカラー レフィーネ ルプルプ
価格  3,150円 2,520円

1,980円

容量 200g 190g 200g
トリートメント効果
特徴

頭皮や髪を傷めない

綺麗に染まって艶が出る

お風呂で簡単に染められる

髪を傷めない

綺麗に染まる

7色から選べる

綺麗に染まって艶が出る

コストパフォーマンス○

キャンペーン

【初回限定】

2本で6,000円&送料無料

定期お届け送料無料

商品割引率が3%~アップ

【初回限定】

1本が安くてリーズナブル



総合ランキングはこちら
その他のランキングは下記よりご覧ください。

女性用白髪染めランキング

男性用白髪染めランキング

若白髪白髪染めランキング

部分白髪染めランキング

ページの先頭へ


男性に人気の新商品「玉髪(たまぐし)」は簡単・綺麗に染められるのでおすすめです!!